税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など

【税理士の基礎知識】 税理士の仕事内容

税理士の仕事は、税金に関する税務代理業務、税務書類の作成代行業務、節税等の税に関する相談業務など、税に関するあらゆる業務にわたります。税務代理や税務書類の作成など、書類作成の仕事以外に、最近は税を中心にしたデータを分析し、結果に基づいて利益の算出や予想税額など、経営に役立つ様々な提案を行う情報提供の仕事も重要になってきています。税理士は、企業の経営状況を把握し様々なアドバイスを行う、税務・経営コンサルタントとしての役割もあります。

税理士事務所というと、決算をとりまとめて税務申告書を作成することが仕事というイメージがあり、依頼する側もそれだけの付き合いの場合が多いようです。しかし、実際は決算対策、税金対策、資金繰り、株主対策、金融機関対策、事業の再編、社会保険について、労使関係の悩み、取引先との交渉などなど、取引先から実に様々な相談を持ちかけられることが多いみたいです。

一般の人相手にも、全国66,000人の税理士が税を知る週間や確定申告期間の時に、各地域で無料で税務相談等を行っています。また、地方公共団体の外部監査制度や裁判所の民事・家事の調停制度、成年後見制度などにも参画し、さらに租税教育への取り組みなども行っています。税理士は、一般の人にも、企業にとっても頼れる存在なわけです。

税理士に仕事を依頼するときは、単に税に関する書類作成だけでなく、税にまつわるいろいろな相談、アドバイスを得られることがポイントになります。逆に、与えられた仕事しかこなさない、という税理士は、避けたほうが良いと言えるかも知れません。事業承継や相続、土地・家屋の譲渡など、将来的に大きく関わってくる問題についても、事前に税理士に相談してみることです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など All Rights Reserved.