税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など

【税理士の基礎知識】 具体的な料金は?

税理士の仕事に対する料金は、仕事内容によって様々ですが、主なものとしては、次のものがあります。・税務会計顧問=「月次監査」「税務相談」「税務指導」「税務申告」など、月単位で行う税務会計業務。大抵は、月に1回の訪問サポートになりますが、訪問回数、契約内容によって変わってきます。・決算処理=売上や在庫、原価などの金額に従い行う決算処理。・年末調整、法定調書作成、償却資産税申告書などの書類作成業務。

料金を決めるにあたっては、・会社の規模(売上規模)・仕事の量(領収書など、処理する書類の量)・処理の複雑度 ・訪問回数。こうしたところが関わってきます。起業したばかりの新しい会社で、規模があまり大きくなければ、記帳込みで月3万円〜5万円、決算料金が15〜20万円(つまり年間料金は50万円〜80万円)くらいが相場とも言われます。

ある税理士事務所の場合で見たところ、法人税等の申告の場合、年間売上高約4千万円。従業員5名。税理士報酬として、経理代行から関与し、元帳の作成、決算書、申告書の作成まで全て行ったとして、月額顧問料報酬約4万円。決算報酬約29万円。年間約77万円、となっています。税理士事務所の方で、明確な料金表を作成しているところで、基本的な料金を知り、その上で相談して決めると良いでしょう。

個人の場合、税で一番問題となるのが、相続税でしょう。相続税に関する手続きの場合、基本料金としては10〜20万円が報酬となりますが資産の価値が大きいとさらに高くなります、また遺産分割協議書の作成、延納申請及び延納に係る書類の作成にかかる報酬もあります。さらに、税務調査への立会いに伴う交通費などの実費がかかる場合もあります。これも税理士事務所によってかなり金額に開きがあり、一概に相場はつかみにくいようです。税理士にも得意な分野もあれば、不得意な分野もあります。もし、相続税に詳しくない税理士に申告を依頼すると、適正額を超える相続税を支払わなければいけなくなる可能性もあるので、税理士選びは、得意分野も良く調べて行うべきでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など All Rights Reserved.