税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など

【税理士の基礎知識】 実務経験を知るには

税理士として開業するには、当然税理士の資格が必要ですが、資格を取るには、ある程度の実務経験も必要となります。このため、どの税理士も、開業する前は、税理士事務所、会計事務所などで仕事の経験を積んだ上で資格を取っているわけです。開業したばかりの新しい税理士だと、経験が少なく、仕事を依頼して大丈夫かな、と不安に思うかもしれませんが、どの税理士も実務経験はあるので、安心して任せられると言ってよいでしょう。要は、その税理士個人の能力、人間性次第、と言うわけです。

ただ、全国の税理士のうち、国税庁OBの税理士が、三分の一を占めていると言われています。OB税理士は、税務署に二十三年間勤務し、研修を受けた上で資格を取得した税理士のことです。長年、徴税の実務に携わってきたのだから、税理士の資格を十分備えている、ということから試験は免除されます。

こうした、いわゆる国税庁OB税理士はすべて60歳以上の高齢ですが、それは税務署を辞めてから税理士になったからです。そして、税務署OBなら税務署に顔がきくから、税金が安くなるという噂が昔からあります。しかし、それは大ウソだとはっきり言う人もいます。それを信じて税務署OBの方に頼もうというなら、即刻考え直すべき、とも言われます。税金は法律によって徴収されるもので、税務署と納税者の間に特定の人が入ることで軽減されるものではなく、また、そうあってはならないのは当然でしょう。

税務署OBの税理士に頼んだけど、別に税金は安くならないし、実務は全然知らない、という話も結構聞きます。ここらは、税理士選びで注意すべき点でしょう。お金の流れを良く知っていて、わかりやすく説明してくれる。早めに、かかる費用を知らせてくれる。こうしたところが、経験豊富な税理士かどうか知るポイントになるでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など All Rights Reserved.