税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など

【税理士を選ぶポイント】 e-Taxは大丈夫?

e-Taxは、インターネットの普及に伴い、国税庁が導入した、各種申告・納税手続が電子的に行えるシステムです。e-Taxを導入することで、1・所得税、法人税、消費税(地方消費税を含みます。)、酒税及び印紙税に係る申告。2・全税目の納税(電子納税証明書の手数料納付を含む)3・申請・届出等(電子納税証明書の請求及び発行を含む)。これらの手続きが、電子データの形式でインターネットを通じて送信、提出できます。

e-Taxの利用は、・Windows2000以降のOSを搭載したパソコン。・ICカードリーダーライタ、および、それらの設定。・電子申告開始届出書の提出(オンラインで提出が可能で、利用者識別番号等がオンラインで発行されます)。・住民基本台帳ネットワークカードの公的個人認証システムなどを利用した電子証明書の取得。・電子納税を行う場合は、それに対応した金融機関への申込。これらの環境設定が必要となります。

医療費の領収書や源泉徴収票等については、記載内容を送信することで提出または提示に代えることができます。ただし、後日提出または提示を求められる場合があり、これに応じなかった場合は確定申告書への添付または提示がなかったものとして取り扱われます。このため、申告期限後3年間は保管することが望ましいとされています。

税の手続きがインターネットで行えるのは確かに便利ですが、システムの導入には、それ相応の環境を整えなければいけませんし、初期コストも結構かかります。自治体や税務署でも、きちんとした説明が得られないのが現状です。パソコンと税務処理、両方に詳しくないとまだ導入は難しいかもしれません。しかし、今後は徐々に広まってくるでしょうし、税務処理の効率化を考えれば、こうした電子申告に詳しい税理士も、税理士選びのポイントとなって来るでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など All Rights Reserved.