税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など

【税理士を選ぶポイント】 横の繋がりがあるか?

税理士に仕事を依頼する場合、たとえ、その税理士さんがたまたま忙しかったり、得意でない分野であっても、横のつながりを持っていれば、他に適切な税理士を紹介してくれるものです。また、難しい問題でも、他の税理士の助言、協力などを得て対処してくれる場合もあります。このため、横のつながりを持った税理士を選ぶことも大切でしょう。

税理士は、自分のペースで仕事していけばよい、と思われがちですが、税理士会の行事や様々な集会への参加などの用事も結構多いようです。そのような付き合いを全然しなくても、独立した資格なので特に問題ないとも言えますが、税理士同士の横のつながりが希薄になると、やはり仕事の範囲も狭められることになるでしょう。税理士同士の横のつながりも重視している税理士が、より信頼できると言えるかもしれません。

相談によっては、他の士業の、弁護士、司法書士、社会保険労務士などと協力していくことが必要な場合もあります。必要に応じて、弁護士、司法書士、社会労務士などと連携したネットワークを持っているかも重要なチェックポイントでしょう。若い税理士が横のつながりをもち、税理士会に意見していくことも大切という、ある若い税理士さんの声もあります。今後は、若い税理士が一致団結して、税理士の業界をさらに発展させていく姿勢も重要と言われています。

最近は、税理士も、自分のブログを持っている人が増えています。こうしたものをチェックすると、税理士の集まりや勉強会、また、無料相談会など、本来の仕事以外の業務もどれくらい行っているのか、日々の動きを知ることができるものです。こまめにブログの更新を行っているかも確かめてみましょう。事務所にこもらずに、外にこまめに出かけているか、自己管理をきちんと行っているか、こうしたところも知ることができます。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など All Rights Reserved.