税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など

【税理士を選ぶポイント】 若い税理士はダメ?

税理士を選ぶのに、若手が良いか、高齢な人が良いかは、一概には判断出来ません。一般的に、若手は最新の税務知識があること、ベテランは経験豊富である、ということです。いずれにしろ、依頼人のために一生懸命働く税理士を選ぶことです。税理士は高齢の人が多いですが、最近は若い税理士も増えています。若いと、実務経験も少ないのでは、と不安に思うかもしれませんが、逆に、若さを強調し、バイタリティーあるところをアピールする人は、任せてみようか、という気持ちにもなるものです。

もちろん、バイタリティーだけではなく、ここで、少し細かいところもチェックしてみましょう。世の中の動きをよく把握し、いろいろな情報を駆使しながら話をしてくれるか。わかりやすく説明してくれるか。特にお金にまつわるトレンドをよく把握しているか。具体的なデータを提示し、納得の行く形で説明してくれるか。IT関係に詳しく、電子申告の仕方も知っているか。難しい問題でも、少し時間を置いて回答してくれるか。料金を明示してくれるか。ここらが判断材料になります。

若い税理士の場合、フットワークがある、というのもメリットでしょう。高齢の税理士だと、毎月訪問の契約をしているのに、定期的に来ない、というクレームが多いようですが、若ければそのようなこともありません。逆に、こまめに訪問してくれない税理士は、たとえ若くてもあまり良いとは言えません。税務所に対するクレームでも、一緒にクレームに行ってくれるかどうかも確かめてみましょう。

一方的にしゃべり、相手の要望などをきちんと聞かないような、セールスマン的な税理士は避けるべきでしょう。もちろん、若手税理士でも、得意な分野、不得意な分野があるので、まず得意な分野を確かめておく必要があります。まずは電話、メールで相談することになりますが、メールでの相談ができない税理士は、時代遅れの税理士と見るべきです。メールでの相談で、すぐに返事が来るかどうかもチェックしましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 税理士@全国ナビ | 東京・大阪・名古屋など All Rights Reserved.